台湾温泉ガイドTOP > 文山温泉
温泉情報アクセス温泉&ホテル訪問レポート
温泉情報アクセス温泉&ホテル訪問レポート

文山温泉への行き方

写真文山温泉は、


花蓮から太魯閣・天祥へのバス

花蓮駅のバスターミナルから太魯閣行きの路線バスがでています。個人で訪れる観光客が多く利用するため、本数もかなり多め。時刻表は花蓮客運の公式サイトで確認できます。

●花蓮汽車客運公司

「1133 花蓮火車站─天祥」「1141 花蓮火車站─台中(梨山)」が天祥に向かうバスです。天祥終点ではなく、その先文山温泉も通って梨山まで行く1141路は一日一本だけです。

2016年1月の土砂崩れの影響で通行できる時間帯が限られている箇所があり、2016年2月時点では時刻表が大幅に変わっていました。公式サイトに「台灣好行-太魯閣線新時刻表(105.04.11起)」という時刻表が載っていますが(105年というのは台湾の民国紀元)、おそらくこれが通行時間帯制限を踏まえた時刻表だと思います(2016年4月時点の情報です)。

また人数が多ければ、タクシーチャーターという方法もあります。


<追記:2017年5月に文山温泉を訪れた方からメールで最新情報をいただきました。バス会社公式サイトを確認すると「1126」「1141」の2便が文山までいきます/今後も変更の可能性あると思うので、最新情報はバス会社公式サイトでご確認ください(2017.05.27)>

文山を経由するバスは1133番、1141番の他に1126番洛韶行が1便運行しています。
文山発は1126番が9時1分、1141番が17時21分でした。

私は1126番で文山で下車し、帰りは文祥まで徒歩でした。
私が行った時には数日前に雨が降ったのか、水嵩が増し河原の温泉は濁流の下でした。
それにしてもあの階段のあの位置まで手摺が流されるとは豪雨の時は危険ですね。



天祥から文山温泉まで

写真

ほとんどのバスは天祥が終点となるので、天祥バスターミナルから文山温泉までは徒歩になります。探したのですが、レンタル自転車やレンタルバイクは見つかりませんでした。またタクシーはチャーターで来ているものがほとんどかもしれません。

距離は3キロで、道は渓流沿いの一本だけなので迷うことはないでしょう。行きは登りですが、緩やかな傾斜なので大変ではありません。ただかなりスピードを出して走っている車が多いので注意は必要です(特にトンネル内)。

写真

40分も歩けば泰山トンネル手前に、文山温泉まで続く遊歩道の入口が見えてきます。

写真

ここから遊歩道・吊り橋・階段を歩いて行くことになります。渓流に一番近い階段の下のほうが壊れていて注意が必要ですが、それ以外は歩きやすい整備された道です。できれば運動靴などのほうがいいとは思いますが、最悪、ビーチサンダルでも問題はありません。

遊歩道の途中に公衆トイレがありますが、2016年2月時点では封鎖されていました。
近くには他にトイレはありませんので、天祥で必ず用を済ませていきましょう。天祥から先には店もありませんので、セブンイレブンで飲み物や食料を買っていくといいと思います。台湾の観光客や地元の人たちは、果物など食べ物を持参し、ピクニック気分で何時間も入ったり出たりして温泉を楽しんでいます。


文山温泉の周辺地図(Googleマップ)

記事最終更新日:2017/05/27
記事公開日:2016/04/01
[写真]台湾でレンタルバイクに乗る管理人
2014年秋、台湾をぐるり一周し計17箇所の温泉に行ってきました。
レポート一覧はこちら
[写真]文山温泉にて
2016年2月、台湾北部の山間エリアの温泉を中心に回ってきました。
レポート一覧はこちら
緑島・朝日温泉 知本温泉 安通温泉 関仔嶺温泉 東埔温泉 谷関温泉 文山温泉 鳩之沢温泉 泰安温泉 清泉温泉 烏來温泉 蘇澳温泉 礁渓温泉 四重渓温泉 盧山温泉 紅葉温泉 瑞穂温泉 不老温泉 宝来温泉 北投温泉 陽明山温泉 金山温泉