台湾温泉ガイドTOP > 管理人レポート [2014年]

「安通温泉飯店」の充実!屋外SPA

写真

瑞穂駅から玉里駅へ。
このエリアでは「瑞穂」「紅葉」「安通」が三大温泉で、安通温泉は玉里駅から車で20分くらいの場所にある。

写真

駅前からバスが出ているかなと思ったが期待は裏切られタクシーに。片道250元かかった。

写真

そして辿り着いた安通温泉飯店。
以前はここ一軒しかなかったそうだが、今は周囲にいくつか温泉ホテルが作られている。

写真

前には川。

写真

その河原にも温泉が作られていた。
渓畔温泉で、家族風呂などあるらしい。

ここはまたいつか機会あったら来てみたい。

再び向かいの安通温泉飯店に戻りフロントへ。
日帰り入浴の場合は1人300元。

写真

入ってびっくり。
巨大な温泉プールが目の前に広がっていた。

写真で見てはいたが、広大な敷地に様々な温泉プールを配した屋外スパを実際に体験するのは今回が初めてだ。

写真

反対側にも大きな石で作られた温泉プールがいくつも続いている。なんと滑り台まで!!!

写真

小雨が降り始めたせいか、人はそれほどいなかった。

写真

更衣室はフロントがあった建物とは別の建物にある。
ここに入った時、年配男性スタッフがいて日本語で話しかけられた。とても丁寧で落ち着いた日本語を話していたが、後で聞いたら、独学で主にCDSなど使って勉強しているのだという。なんと!!!

日本が大好きで、何度となく旅行にも行っているそう。
露天温泉プールにいる時も、あれこれと気を使ってくれた。

写真

入浴料には水一本とタオルも含まれていて、フロントではこんな袋を渡される。まるで日本の温泉旅館かスパのよう。

写真

そしてさっそく一番大きな温泉プールにどぼん。
男女共用なので水着・水泳帽着用で。普通に泳いでいる人もいた(写真の中に水泳帽だけが写っている)

写真だけ見ると普通のプールみたいだが、実際には硫黄の香りも漂っている。

高所から落下する滝に肩を打たせてマッサージする人も。
勢い強すぎて私は1分も耐えられなかったけど。

写真

いろいろなタイプの温泉プール。

写真

蒸気サウナも。

写真

こちらは大きな池のような作りのプール。

写真

気持ちいい~。
小雨降る肌寒い天候だったこともあり、やっと辿り着いた温泉は天国のようだった。

写真

若い女性が多かったのも印象的。
巨大スパ施設があるところのほうが若い人には人気なのかもしれない。

写真

更衣室。

写真

更衣室の奥には裸で入れる大浴場とシャワールームがある。

写真

大浴場はこちら。
水温別に3つの浴槽に区切られていた。

写真

家族用の湯屋も。

写真

宿泊は3,600元から。

写真

ベッドだけど和風な作りになっている。
他の方のブログ記事によると、ここのオーナーは日本留学経験もある方なんだとか。

また今回見ることはできなかったが、日本統治時代に作られた建物がホテルの裏手に保存されていて、テレビの撮影舞台などにも使われているそう。

次は必ず事前に予約をし見せてもらおうと思う。

記事最終更新日:2014/11/30
記事公開日:2014/11/07
[写真]台湾でレンタルバイクに乗る管理人
2014年秋、台湾をぐるり一周し計17箇所の温泉に行ってきました。
レポート一覧はこちら
[写真]文山温泉にて
2016年2月、台湾北部の山間エリアの温泉を中心に回ってきました。
レポート一覧はこちら
緑島・朝日温泉 知本温泉 安通温泉 関仔嶺温泉 東埔温泉 谷関温泉 文山温泉 鳩之沢温泉 泰安温泉 清泉温泉 烏來温泉 蘇澳温泉 礁渓温泉 四重渓温泉 盧山温泉 紅葉温泉 瑞穂温泉 不老温泉 宝来温泉 北投温泉 陽明山温泉 金山温泉