台湾温泉ガイドTOP > 烏來温泉
温泉情報アクセス温泉&ホテル訪問レポート
温泉情報アクセス温泉&ホテル訪問レポート

烏來温泉への行き方

写真北投温泉は、台北市中心部から南に30キロ。MRTの終点からバスに乗換えさらに終点まで行った所にあります。台北駅からは約1~1時間半。周囲は緑深い山々と渓谷、台北市内とは全く異なる、実は山岳地帯が多い台湾の別の景色を堪能できる場所です。

台北市内から日帰りで行くことも十分できる場所ですが、日程に余裕があるなら一泊して、朝の爽やかな山の空気も味わってから市内に戻ってくることをおすすめします。ケーブルカーとロープウェイを乗り継いで山の上に行くと、広大なアミューズメントパークもあります。


台北駅からMRT淡水線・新店線で終点の「新店駅」へ

台北市内のMRT路線図です。
烏來温泉行きのバスがでている「新店駅」は、一番下の真ん中あたり、緑の路線「松山新店線」の終点です。

台北駅から行く場合には、赤い淡水線に乗り、中正記念堂で新店線に乗り換えます。淡水線が新店線に乗り入れているものもあるようで、その場合は乗り換えなし21分ほど。乗り換えても30分ほどで着きます。

MRT淡水線・新店線はどちらも、6:00~24:00まで、日中は約8分~10分間隔で運行しています。



MRT新店駅から烏來温泉行きのバスで終点まで

新店駅の駅前から烏來温泉行きのバスがでています。バス停は、改札をでて右手にある出口を出た通り沿いにあるのですが、ちょっとわかりにくいので、見つからない場合には改札外のインフォメーションセンターで聞いてしまったほうがいいでしょう(バス停はその裏側にあります)。

1時間に数本あるので、それほど待たずに乗れます。

バスは郊外を少し走った後は、山の中に突入します。
台北市内中心部とはまた違う、郊外の風景や山と渓谷が織りなすダイナミックな景色を楽しめるはずです。

終点が烏來温泉の中心地・老街までも歩いてすぐのバスターミナルです。トロッコ列車の乗り場までも歩いて行くことができます。

泊まるホテルによっては、バスターミナルまで行かずに降りてしまったほうが近い場合もありますので(烏來温泉山荘など)、事前にホテルの公式サイトで確認をしておくといいと思います。どのバス停で降りるべきかわからない時には、ホテル名(漢字のもの)を紙に書き、運転手さんに見せて聞いてみましょう。



北投温泉の周辺地図(Googleマップ)

記事最終更新日:2015/05/28
記事公開日:2015/05/26
[写真]台湾でレンタルバイクに乗る管理人
2014年秋、台湾をぐるり一周し計17箇所の温泉に行ってきました。
レポート一覧はこちら
[写真]文山温泉にて
2016年2月、台湾北部の山間エリアの温泉を中心に回ってきました。
レポート一覧はこちら
緑島・朝日温泉 知本温泉 安通温泉 関仔嶺温泉 東埔温泉 谷関温泉 文山温泉 鳩之沢温泉 泰安温泉 清泉温泉 烏來温泉 蘇澳温泉 礁渓温泉 四重渓温泉 盧山温泉 紅葉温泉 瑞穂温泉 不老温泉 宝来温泉 北投温泉 陽明山温泉 金山温泉