台湾温泉ガイドTOP > 泰安温泉
温泉情報アクセス温泉&ホテル訪問レポート
温泉情報アクセス温泉&ホテル訪問レポート

泰安温泉ってどんな温泉?

写真

温泉名泰安温泉(タイアン・ウェンチュエン)
エリア苗栗県泰安郷
泉質弱アルカリ炭酸泉
アクセス苗栗駅からホテル有料送迎サービスもしくは路線バスで大湖(約1時間)、大湖からタクシー

洗練された大型の高級温泉リゾートホテルが多数立ち並ぶ泰安温泉は、台湾でも屈指の人気を誇る温泉地です。台北と台中の間にある苗栗駅が最寄駅で、ホテルに宿泊する場合は送迎サービスを利用して向かいます(35キロほど)。施設も充実したホテルが多いので、数日滞在してのんびりすごすにもいい場所です。


最寄駅は苗栗駅でホテルの送迎サービスあり

写真

泰安温泉の最寄鉄道駅は苗栗駅です。台北からだと特急・自強で1時間半ほど、台湾版新幹線の高鐵ならわずか44分で到着します。

泰安温泉のホテルは送迎サービスを行っていますので、基本的に有料になりますがそれを利用するか、あるいはタクシーになります。距離は約35キロです。

公共交通機関を使っていく場合には、駅から大湖行きの路線バスに乗り(約1時間)、そこでタクシーを捕まえて泰安温泉に向かいます。大湖はイチゴの生産地として知られた場所で、道の両脇にはイチゴ畑が広がっています。


警光山荘もある歴史ある温泉地

写真

泰安温泉は苗栗県の内陸部の渓流沿いにあります。このあたりは日本統治時代、警察の駐在所が多く作られていた地域で、泰安には警察官の保養所としての警光山荘が作られました。現在も温泉地の最奥のやや高い場所に残っていて、警察関係者以外の一般の旅行者も宿泊あるいは日帰り温泉の利用ができます。


施設も充実の大型温泉リゾートホテルが多数

写真

泰安温泉の魅力は、なんといっても洗練された大型温泉リゾートの存在でしょう。敷地も広く施設も充実したところが多いため、バケーションで訪れている人たちで賑わっています。

和風の部屋を用意したホテルもあり、屋外SPAも広く、湯屋(個室風呂)も凝った作りのところが多いです。ホテル以外はレストランやお土産屋さんなどもなく静かなため、山奥の落ち着いた雰囲気を満喫できます。

コテージ式の部屋が渓流沿いに並んでいるホテルもありました。
管理人レポートでいくつか紹介していますので、そちらも是非ご覧ください。

●泰安温泉の訪問レポート

関連情報
記事最終更新日:2016/04/23
記事公開日:2016/04/01
[写真]台湾でレンタルバイクに乗る管理人
2014年秋、台湾をぐるり一周し計17箇所の温泉に行ってきました。
レポート一覧はこちら
[写真]文山温泉にて
2016年2月、台湾北部の山間エリアの温泉を中心に回ってきました。
レポート一覧はこちら
緑島・朝日温泉 知本温泉 安通温泉 関仔嶺温泉 東埔温泉 谷関温泉 文山温泉 鳩之沢温泉 泰安温泉 清泉温泉 烏來温泉 蘇澳温泉 礁渓温泉 四重渓温泉 盧山温泉 紅葉温泉 瑞穂温泉 不老温泉 宝来温泉 北投温泉 陽明山温泉 金山温泉