台湾温泉ガイドTOP > 台湾の温泉を探す

台中から日帰りで行ける

写真

中央駅はじめ古い建造物も多く残る台中。台中グルメも人気です。
一般的な旅行プランなら、台中から向かうのは南の台南や高雄だと思いますが、ここから内陸に向かうバスに乗ると、山間部の風情ある温泉に行くことができます。正直、日帰りはかなりあわただしくなる場所もあるので、可能なら一泊をおススメします。


谷関温泉

写真

台湾でも屈指の人気温泉地で、渓流には吊り橋がかかりその両脇には大型温泉リゾートホテルが立ち並んでいます。バリ島リゾート風なところから和風温泉旅館などバリエーション豊かで、SPAもかなり大きく、台湾人は飲み物や軽食持参して何時間もSPAを楽しんでいます。名物は養殖のマス料理で、メインストリートにはレストランも並んでいます。

台中駅から台鉄で14分ほどの豊原駅前のバスターミナルから谷関行きのバスが出ています。豊原から約1時間40分と時間はかかりますが、朝7時台から21時台まで12本あり、山間部にしては比較的行きやすい場所でしょう。

●谷関温泉ってどんな温泉?


盧山温泉

写真

おそらく日本人でここに行くのはかなり温泉好きな人かもしれません。台中から直接のバスはなく、台中駅前のバス停から30分ほどの埔里に行き、そこから廬山温泉行きのバスに乗り換え1時間ちょっとです。埔里行きは15~20分おきに出ていますが、そこから先は1時間に1本くらいなので、事前にバス会社の公式サイトで時刻表をチェックしていったほうがいいでしょう。

吊り橋に石畳の温泉街と風情たっぷりなのですが、過去何度か水害で大きな被害をこうむっており、温泉区として移転を迫られています。なのでいずれなくなってしまう運命なので、行くなら早めがいいかもしれません。

●盧山温泉ってどんな温泉?


泰安温泉

写真

ここも台湾で非常に人気の高い温泉地で、大型の温泉リゾートホテルがいくつもたっています。敷地も広く建物間に送迎用のカートが往復しているところや、コテージが立ち並ぶホテルなども。また戦前に警察の保養所として作られた警光山荘もあり、一般の人も利用することができます。

台中からは、まず台鉄で苗栗駅まで行き(30~50分)、そこから宿泊の場合はホテルの有料送迎サービスを使い、そうでない場合はタクシーかバス+タクシーになります。約35キロと距離はかなりあるので人数が多くないとタクシー料金がかなりかかってしまうかもしれません。バスの場合は大湖という街まで行き、そこからタクシーで30分ほどです。

●泰安温泉

記事最終更新日:2016/04/22
記事公開日:2016/04/22
[写真]台湾でレンタルバイクに乗る管理人
2014年秋、台湾をぐるり一周し計17箇所の温泉に行ってきました。
レポート一覧はこちら
[写真]文山温泉にて
2016年2月、台湾北部の山間エリアの温泉を中心に回ってきました。
レポート一覧はこちら
緑島・朝日温泉 知本温泉 安通温泉 関仔嶺温泉 東埔温泉 谷関温泉 文山温泉 鳩之沢温泉 泰安温泉 清泉温泉 烏來温泉 蘇澳温泉 礁渓温泉 四重渓温泉 盧山温泉 紅葉温泉 瑞穂温泉 不老温泉 宝来温泉 北投温泉 陽明山温泉 金山温泉