台湾温泉ガイドTOP > 管理人レポート [2016年]

すぐ下が渓流のSPA~廬山蜜月館大飯店

写真

吊り橋を渡り、石畳の道を少し歩いて賑やかな温泉街から離れた場所に、広い庭園を持つ大型温泉リゾートホテルがある。

写真

フロントには、非常に感じのいい男性スタッフ。
部屋を見学させてもらえないか頼んでみると、責任者らしき年配女性が現れ、館内を案内してくれることになった。

写真

まずは客室。
ダブルベッドの部屋で、窓際には畳敷きの空間が。

夜だったので外は既に真っ暗だが、日中ならば山景色を堪能できる。

写真

特殊サイズの畳に、アームもついた座椅子。
やはり日本人にとって、靴を脱いでのんびりお茶できる空間は魅力的だ。

写真

そして部屋の浴室はもちろん温泉。
こちらも大きな窓で、外が一望できる。

写真

でもやはり広いSPAで手足延ばして温泉に浸かりたいところ!
ここは、水着を着用して入る屋外のSPAと、男女別れた裸体で入浴できる浴室の2タイプがある。

写真

まずはこちら、立派なプール。

写真

温度を確認するの忘れたが、湯気がたっていなかったので温泉ではなかったのだろうと思う。

写真

その先にSPAがある。
底面が横たわれるベッド状になったジャグジーや、天井からお湯が落ちてくる滝湯など。

写真

さらに150cm以下の子供は入湯禁止の、深い湯船も。
夜なので何も見えないが、昼間に来ればなかなか素敵な景色が広がっているのよと女性。

写真

こちらは裸体で入れる男女別の浴室。

写真

たまたま他のお客さんがいなかったので、撮影をさせてもらうことができた。

屋内なんだけど、片側が外に向かって開かれていて半屋外風呂。

写真

柵越しに下を覗き込んでびっくりした。なんとすぐ下はものすごい勢いで流れる渓流だった。
おそらく屋外SPAのほうも渓流に面しているのだろう。これは確かに絶景だ。

写真

こんな立派で素敵なホテルなのに、大浴場には誰もおらず、外から見ても灯りがついている部屋はほとんどなかった。やはり廃止・移転が決まっている温泉地ということで、ツアーなどもなくなっているのかもしれない。これだけの施設でこの稼働率・・・もったいなすぎる。

●廬山蜜月館大飯店

記事最終更新日:2016/03/07
記事公開日:2016/03/06
[写真]台湾でレンタルバイクに乗る管理人
2014年秋、台湾をぐるり一周し計17箇所の温泉に行ってきました。
レポート一覧はこちら
[写真]文山温泉にて
2016年2月、台湾北部の山間エリアの温泉を中心に回ってきました。
レポート一覧はこちら
緑島・朝日温泉 知本温泉 安通温泉 関仔嶺温泉 東埔温泉 谷関温泉 文山温泉 鳩之沢温泉 泰安温泉 清泉温泉 烏來温泉 蘇澳温泉 礁渓温泉 四重渓温泉 盧山温泉 紅葉温泉 瑞穂温泉 不老温泉 宝来温泉 北投温泉 陽明山温泉 金山温泉