台湾温泉ガイドTOP > 管理人レポート [2016年]

独立ロッジが素敵な「日出温泉渡假飯店」

写真

泰安温泉は、温泉エリアとしてはそれほど大きくはなく、お土産屋さんや飲食店などが立ち並ぶいわゆる温泉街的なものがあるわけでもないのだが、レベルの高い大型温泉リゾートホテルが立ち並び、じっくり温泉バカンスしたい人に人気の温泉地となっている。

そのひとつが日出温泉渡假飯店だ。

写真

フロント。

写真

午前中に訪れたため、露天風呂エリアはお湯をすべて抜いての清掃をおこなっている最中だったが、湯が張られるとこんな感じに。

写真

広い庭全体がSPAになっているて、滝湯やジェットバスなどいろいろあるとのこと。

写真

男女別の裸体で入れる内湯もある。

写真

今回の温泉巡りツアーでは、自分が泊まらないホテルもフロントで聞いてみて、もしOKもらえたら客室やSPA、個室風呂の「湯屋」を見せてもらい写真撮影をすることにした。言ってしまえば"取材"だ。その一発目がこことなった。

客室の中でも最高級の、別棟ロッジを見せてもらえることになった。
露天風呂エリア横の階段をあがっていったところにある。

写真

豪華な室内。
窓の外は緑に覆われ、南国リゾート気分を味わえる。

写真

そして部屋についている広い温泉。

写真

湯船はふたつにわかれており、温泉と冷泉両方用意して交互に入ることができる。湯を汲むものだろうか、木で作られた大きな柄杓のようなものが置いてあった。

窓の外はテラスになっており、その外は山の斜面。
人に見られる心配もないので、窓を開けて入浴することも可能だ。

写真

部屋の窓の外は中庭だ。

写真

もうひとつ別のタイプの部屋がこちら。
ここは階段上った後、この木の扉から先がプライベートスペースになっている。

写真

そして木の扉から一歩中に入ると、正面にあるのは部屋付きの露天風呂だ。

写真

お湯が張られていない状態なのでちょっとイメージわかないかもしれないが、この広い露天風呂に入り放題。部屋は二人用なのでそう考えるとたった二人のためにこれだけの大きさの湯船に温泉を張るというのはなかなか贅沢なこと。木の塀で覆われているが、開放的な空間になっている。

写真

部屋はダブルベッド。

写真

階段を下りてくる途中に撮影した、露天風呂というか広大なSPAエリア。

写真

広い湯船に、1~2人用の小さな湯船までいろいろなサイズ・形のものが用意されており楽しそう。きっと夏も賑わうのだろう。

写真

個室貸切風呂の「湯屋」もある。

写真

中はこんな感じ。
外に面して半露天になっており、目の前は一面の緑だ。

写真

人の目も気にせず、自分だけのために真新しい温泉を湯船にはり、のんびり景色を楽しむ。日本とは違った「湯屋」温泉文化が根付いた台湾。最初に台湾の温泉巡りした時には今一つぴんと来なかったが、最近はやはりこの「貸切温泉」はいいなと思いはじめている。

写真

台湾の湯屋では、手前の前室にこんな感じのビニールカバーのマットレスが敷かれたベッドが置かれていることが多い。お湯に浸かったり冷泉に浸かったり、途中でごろんと横たわって休んだりするのだろうか。

写真

湯屋は3タイプあり、日出湯屋は平日90分/休日60分で1,400元(約4,900円)となっている。露天風呂は冬季10月~4月はひとり450元(約1,575円)で、8時から22時の間であれば時間制限はない。

●日出温泉渡假飯店(中国語)

記事最終更新日:2016/03/07
記事公開日:2016/03/04
[写真]台湾でレンタルバイクに乗る管理人
2014年秋、台湾をぐるり一周し計17箇所の温泉に行ってきました。
レポート一覧はこちら
[写真]文山温泉にて
2016年2月、台湾北部の山間エリアの温泉を中心に回ってきました。
レポート一覧はこちら
緑島・朝日温泉 知本温泉 安通温泉 関仔嶺温泉 東埔温泉 谷関温泉 文山温泉 鳩之沢温泉 泰安温泉 清泉温泉 烏來温泉 蘇澳温泉 礁渓温泉 四重渓温泉 盧山温泉 紅葉温泉 瑞穂温泉 不老温泉 宝来温泉 北投温泉 陽明山温泉 金山温泉