台湾温泉ガイドTOP > 管理人レポート [2014年]

知本から屏東県の四重渓温泉までの行き方

写真

今回訪問予定の温泉の中で最南端、かつ鉄道駅からの距離がかなりある四重渓温泉。高雄から行く方法は結構書かれていたが、東海岸側からのルートがネット上にあまりなかったので、ちょっと不安な気持ちを抱えたまま向かうことになった。

まずは知本駅から枋寮駅へ。
トンネルだらけの路線だった。

写真

急行で一時間半で枋寮駅。
台湾の東側だ。

写真

扉は手動。
先頭に立っていた人は地元の人ではなかったらしく、開かない扉に困惑していたら後方から「手動だよ」という声が飛んできた。自分が先頭じゃなくてよかった!

乗降が全て終わると、駅員さんが開いている扉をすべて閉めてからの出発だ。

写真

やはり南は暑い!

写真

駅前風景。
ここをまっすぐ進み、交差点を左に曲がると国光客運のバスターミナルがある。

写真

ここだ。

写真

ここから車城まで行き、さらにバスを乗り換えるかタクシーを使うかして四重渓温泉へ向かう。

車城までといってチケットを買うと、窓口の女性が左の張り紙を見るように言った。

写真

見ると、中国語・英語・日本語で南下するバスの乗り場と発車頻度について書かれている。車城は恒春の少し手前だ。

20分~30分起きにあると知りほっとした。
実は一日数本しかなかったらどうしようと心配していたためだ。

写真

ここが南下するバス乗り場。
唇のイラストが書かれた看板のすぐ前だ。

写真

車城までは120元。

写真

バスは5分も待たずにすぐやってきた。
途中には養殖池もたくさん。何を養殖しているのだろう。

写真

乗ったバスはほとんど泊まらない快速バスではなかったが、実際にはバス停で待っている人もいなかったので、ガンガン飛ばしていった。

写真

海のすぐ横も。

そして30分ほどで車城に到着。

写真

バス停を下りてさあどうしよう。
四重渓行きのバスはどこで乗ればいいんだろう?ときょろきょろしていたら、バス停横のジュース屋さんの女性が声をかけてきた。

「どこに行くの?」
「四重渓温泉」
「じゃあうちの車で行きなさい」
「(白タクか)いや、バスで行くからいい」
「バスはほとんどないよ」
「そうなの?」
「150元」
「OK」

白タク利用は台湾では初めてだったけど、バス車窓から見る限りタクシーはほとんど走っていなそうだったことと、距離が結構あるので150元は妥当な料金かなと。

あと流しの白タクではなく、ジュース屋さんなら安全だろうと思ったこともある。

女性は店の奥から旦那さんらしき人を呼んできて、前に停車してあった車で出発した。

写真

そして何も問題なく四重渓温泉の「清泉温泉」に到着。
泊まった民宿の人に聞いたら、バスの本数はやはり限られているそうなので、車城でぼーっと過ごすより車で来て正解だったと思う。

記事最終更新日:2014/11/30
記事公開日:2014/11/11
[写真]台湾でレンタルバイクに乗る管理人
2014年秋、台湾をぐるり一周し計17箇所の温泉に行ってきました。
レポート一覧はこちら
[写真]文山温泉にて
2016年2月、台湾北部の山間エリアの温泉を中心に回ってきました。
レポート一覧はこちら
緑島・朝日温泉 知本温泉 安通温泉 関仔嶺温泉 東埔温泉 谷関温泉 文山温泉 鳩之沢温泉 泰安温泉 清泉温泉 烏來温泉 蘇澳温泉 礁渓温泉 四重渓温泉 盧山温泉 紅葉温泉 瑞穂温泉 不老温泉 宝来温泉 北投温泉 陽明山温泉 金山温泉