台湾温泉ガイドTOP > 関子嶺温泉
温泉情報アクセス温泉&ホテル訪問レポート
温泉情報アクセス温泉&ホテル訪問レポート

関仔嶺温泉の温泉&ホテル

景大渡假莊園(ザ キングス ガーデン ヴィラ)

画面

<TripAdvisor関仔嶺温泉エリア1位>

広大な敷地内に別荘風の建物が立ち並ぶ英国風ヴィラタイプの温泉リゾートホテル。敷地内にはコテージエリアもあり、部屋のタイプもいろいろ。屋外のSPAゾーンには泥温泉はじめハーブ湯などもあり、四階建ての施設の中にサウナや休息所、美容・健康設備などが揃っている。

関仔嶺統茂温泉会館(トゥンマオ・スパリゾート関仔嶺)

画面

<TripAdvisor関仔嶺温泉エリア2位>

温泉街の中心近くにあり、屋外に泥温泉含むいくつもの露天の湯船がある大きな温泉リゾートホテル。部屋は79室。屋内には二人用・四人用の湯屋もあり、ビリヤードルームやジム、お土産屋三や屋外のカフェバーなど、他の施設も充実している。

林桂園石泉會館(グアンズリン・リンクエイユアン・ホットスプリングリゾート)

画面

<TripAdvisor関仔嶺温泉エリア3位>

広い敷地内に独立した平屋ヴィラが多数並ぶ温泉リゾートホテル。2人用ヴィラ・4人用ヴィラとあり、各客室の湯船も大きく、家族一緒に入れるもの。泥湯を堪能できる。

関子嶺大旅社

画面

<TripAdvisor関仔嶺温泉エリア4位>

日本統治時代に建てられた旅館が現在も残っており宿泊が可能。レトロ感漂う建物で、内風呂で温泉に浸かることができる。畳敷きの大部屋などもあり、全体的に古めかしいものの、昔ながらの温泉旅館風情を楽しめる場所。

新紅葉山莊

画面

<TripAdvisor関仔嶺温泉エリア5位>

関仔嶺温泉の中心地に向かう途中の坂道高台にある大きなホテル。

台南青雅泥浆温泉精品会館(チンヤ・ホットスプリング・ホテル)

画面 関子嶺温泉の中心にある紅葉公園の一角にあり、温泉街のメインエリアにも近い。建物は2つにわかれており、おそらく片方が新館でもうひとつは少々古い建物。畳敷きの部屋もあり、貸切風呂も様々なタイプがある。

儷景温泉会館

画面 関子嶺温泉の中心地からは少し外れた場所にある、規模の大きな温泉リゾートホテルで建物や設備もきれい。屋外にスパ施設があり泥湯を楽しめる。和風な内装の貸切風呂もあり、宿泊しなくても日帰り利用可能。


沐春温泉養生会館(ムトスン スプリング リゾート)

画面 純和風の部屋もある温泉リゾートホテル。部屋付きの温泉も外を見渡せる開放的な作りになっている。

温泉情報アクセス温泉&ホテル訪問レポート
温泉情報アクセス温泉&ホテル訪問レポート
記事最終更新日:2018/01/21
記事公開日:2014/12/11
[写真]台湾でレンタルバイクに乗る管理人
2014年秋、台湾をぐるり一周し計17箇所の温泉に行ってきました。
レポート一覧はこちら
[写真]文山温泉にて
2016年2月、台湾北部の山間エリアの温泉を中心に回ってきました。
レポート一覧はこちら
緑島・朝日温泉 知本温泉 安通温泉 関仔嶺温泉 東埔温泉 谷関温泉 文山温泉 鳩之沢温泉 泰安温泉 清泉温泉 烏來温泉 蘇澳温泉 礁渓温泉 四重渓温泉 盧山温泉 紅葉温泉 瑞穂温泉 不老温泉 宝来温泉 北投温泉 陽明山温泉 金山温泉