台湾温泉ガイドTOP > 北投温泉
温泉情報アクセス温泉&ホテル訪問レポート
温泉情報アクセス温泉&ホテル訪問レポート

北投温泉の訪問レポート

画像

強酸性で悲鳴でる熱さだけど二日連続で通った「瀧乃湯温泉」

前回台湾に来た時、本当に惜しいことに前を素通りしてしまった北投温泉の瀧乃湯温泉。台湾最古級の公衆浴場だそうで、Wikipediaによると創業は1907年頃、1...
画像

北投温泉近くにある北投市場

今回最後の宿は、北投温泉の温泉路の路地裏にある、隠れ家風のホテルに泊まった。「Solo Singer Inn」というトリップアドバイザーなどでも非常に高い評価...
写真

北投文物館

北投文物館は、親水公園の一番奥から右手に伸びる道の先にある。・・・といっても、かなりの高台にあり距離も相当あるので、タクシーか陽明山行きのバスが賢明。...
写真

北投温泉の源泉「地熱谷」

北投温泉には3つの源泉があり、どこからひいているかでホテルによって泉質が異なる。そのうちのひとつの源泉が、親水公園の一番奥から歩いてすぐのところにある。...
写真

北投温泉「水都温泉会館」で露天風呂を日帰り利用

北投親水公園を抜けたところの突き当りにあるのが水都温泉会館。ホテルで屋上に和風露天風呂があり、日本人にも人気らしい。...
写真

北投親水公園内の露天風呂「千禧湯」

北投親水公園内にある露天風呂「千禧湯」は絶対に行くべし! 駅から10分ほど公園を歩いたところにあり、男女混浴で水着着用の露天風呂。...
写真

1913年に建てられた和洋折衷「北投温泉博物館」

1913年に建てられ、もともとは公衆浴場だったそう。 当時の大浴場がそのままの姿で残っていたり、畳敷きの大広間があったり、中はかなり和風な作りなのに外に目を向...
写真

北投温泉親水公園を散策

台北から最も近く、人気度も抜群に高い温泉地といえば「北投(べいとう)温泉」。 台北駅からMRT(地下鉄)淡水線に乗ると25分で北投駅に着き、そこで乗り換えてひ...
記事最終更新日:2016/04/23
記事公開日:2016/04/01
[写真]台湾でレンタルバイクに乗る管理人
2014年秋、台湾をぐるり一周し計17箇所の温泉に行ってきました。
レポート一覧はこちら
[写真]文山温泉にて
2016年2月、台湾北部の山間エリアの温泉を中心に回ってきました。
レポート一覧はこちら
緑島・朝日温泉 知本温泉 安通温泉 関仔嶺温泉 東埔温泉 谷関温泉 文山温泉 鳩之沢温泉 泰安温泉 清泉温泉 烏來温泉 蘇澳温泉 礁渓温泉 四重渓温泉 盧山温泉 紅葉温泉 瑞穂温泉 不老温泉 宝来温泉 北投温泉 陽明山温泉 金山温泉