台湾温泉ガイドTOP > 北投温泉
温泉情報アクセス温泉&ホテル訪問レポート
温泉情報アクセス温泉&ホテル訪問レポート

北投温泉への行き方

写真北投温泉は、台北市中心部から北に12キロほど、MRTに乗って30分ちょっとの場所にあります。最寄り駅はMRT新北投駅で、駅を降りると徒歩2~3分で温泉リゾートホテルが林立する温泉街というアクセスのいい温泉地です。

台北市から日帰りで行くこともできますし、あるいは台北市内観光旅行の際、北投温泉に宿をとり、ここから市内&郊外の観光スポットをまわるという選択肢もあります。実際、ツアー旅行でも北投温泉のホテルに泊まるプランが結構あります。


台北駅からMRT淡水信義線で約34分の「新北投駅」が最寄り駅

写真

上記はMRT路線図です。
赤色の「淡水信義線」の北部にピンク色の一駅区間だけの路線があり、その終点に「新北投」駅があります。北投温泉はその駅から徒歩2分ほどのところから始まっています。

中心部に「台北車站」と書かれた駅があり、ここが台鉄・高鐵の台北駅やバスターミナルもあるターミナル駅です。新北投駅は、この台北車站から約34分です。

MRT淡水信義線は、6:00~24:00まで、日中は約8分~10分間隔で運行しています。

写真

途中の北投駅で、一駅区間だけの路線に乗り換えます。

上記写真をクリックすると拡大写真が開きますが、この路線もかなりの本数があります。週末であれば6時台から22時台まで10分毎にあり、平日はそれ以上になります。

最終は北投駅発00:08ですので、台北市内の夜市を散策した後に北投温泉の宿に戻ることも全く問題ありません。


MRT新北投駅を降りればすぐ温泉街

写真

駅を出て少し歩くと、すぐに北投親水露天公園があります。
この細長い公園の両側に温泉ホテルが立ち並んでいます。

写真

上記案内図の「現在位置」とあるところが、MRT新北投駅に近い公園入口です。

公園の左端に「水都」とありますが、この水都温泉会館あたりまでは徒歩で問題なくたどりつけます。ただそこから先のホテルは、坂道を登らないとたどり着けない場所になりますので、ホテルが運航するシャトルバス、もしくはタクシー等を使ったほうが楽でしょう。


北投温泉の周辺地図(Googleマップ)

記事最終更新日:2016/04/23
記事公開日:2016/04/01
[写真]台湾でレンタルバイクに乗る管理人
2014年秋、台湾をぐるり一周し計17箇所の温泉に行ってきました。
レポート一覧はこちら
[写真]文山温泉にて
2016年2月、台湾北部の山間エリアの温泉を中心に回ってきました。
レポート一覧はこちら
緑島・朝日温泉 知本温泉 安通温泉 関仔嶺温泉 東埔温泉 谷関温泉 文山温泉 鳩之沢温泉 泰安温泉 清泉温泉 烏來温泉 蘇澳温泉 礁渓温泉 四重渓温泉 盧山温泉 紅葉温泉 瑞穂温泉 不老温泉 宝来温泉 北投温泉 陽明山温泉 金山温泉